東南アジア大学生のタイムテーブル

こんにちは!

Aitemスタッフの原です!!

 

 

 

 

 

夏がとても待ち遠しいです、、(笑)

 

 

 

 

というのも、

 

 

 

 

 

夏は服を選ぶのが楽で、

暑いから活動的になれるからです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、実際に東南アジアの

マレーシアで1年間留学の経験を基に、

 

 

 

みなさんに授業のタイムテーブルを

ご紹介させていただきます!!

 

 

 

これから海外留学を控えてる方は

どんなカリキュラムになっているのか

気になっているのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

そんな疑問にお答えします!

 

 

 

 

 

 

初めにこれがタイムテーブルとなっています(1学期のものになっています。)

hara1 

 

 

 

僕が入ったクラスは、

Foundation(リベラルアーツのような)でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

驚いたのが、

 

ビジネス数学(Maths for management)

や情報(Information Technology)

 

 

 

の授業が、あることでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3学期には

プログラミングの基礎(C++)をやり、

 

 

 

 

 

 

 

簡単なプログラムを作ることが

テストであったりしました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと文系だった自分には、

慣れるまでとても苦戦しました泣

 

 

 

 

 

 

 

 

情報のクラスでも

ディスカッションもありました!

(というよりすべての授業は

 ディスカッションベースでした)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また授業時間としては、

AM8:00~PM4:00でした!!

 

 

 

 

 

なにが言いたいのかというと、

夕方から自由に行動できるんです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、その時間を使って、

 

 

 

現地の友達とドライブに行ったり、

フットサル(サッカーのような)に参加したり、

 

 

 

時には幼い頃のかくれんぼのような

遊びもしていました。

 hara2

 

 

 

 

 

 

留学はほんとに人それぞれですよね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

1年間で考え方や成長もあったと思います!!

 

 

 

 

 

たとえば、

 

 

 

お金は自分ではなく人のために使う、

 

 

 

違いをそのまま受け止めることの

大切さを認識することができたりしました。

 

 

 

正直本気で海外移住したいです(笑)

 

 

 

しかし帰国後がいろいろと大変でした・・・

 

 

 

次回は帰国後の大変だったことについて書こうかなと

考えています(笑)

 

 

 

読んで頂きありがとうございました!

 

 

 

 

また次回のブログも楽しみにしてください!