思考するって最高!(前半)

皆さんこんにちは!!

Aitemのスタッフをさせていただいている

イ スンミンです!!

 

 

 

 

 

 

今回は、代表講座という

月に1回開かれている日本語ディスカッション会に参加して

感じたことを伝えさせていただきます!!

 

 

 

 

 

かなり長くなってしまったので、

前半と後半に分けて

アップしていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

さて、皆さんディスカッションと聞いて

どういうイメージを抱いていますか?

 

 

 

 

 

 

 

きっと、

 

「自分の意見を発表する場」

「討論する場」

「何か一つの答えについてみんなで考える場」

 

というイメージを抱き、

 

 

 

 

 

 

 

「僕は自分の考えを発するのが苦手だからやりたくない」、

「私の意見を言ってもきっと聞いてもらえない」、

「間違えたらどうしよう」

 

 

 

 

 

などとナーバスな意見が多く

出てくるのではないでしょうか?

 

 

 

 

僕自身もそう思ってしまうタイプでした。

 

 

 

 

 

小学校高学年までは、

みんなの前で発表するのが好きで、

わりと授業中に発表する方でした。

 

 

 

 

 

 

しかし、ある日の授業で発表した時、

全く見当違いの発言をしたみたいで、

 

 

 

 

先生から「は?」と言われ

クラスのみんなから笑われてしまいました。

 

 

 

 

 

 

その経験から、みんなの前で発表する、

発言するのが恥ずかしいと感じるようになり、

そうしていくうちに考えることさえも

しなくなっていってしまいました。

 

 

 

 

 

皆さんの中にもそういう経験から、

自分の意見を発言することを

避けている人も多いかと思います。

 

 

 

 

 

 

日本の学校では、「全然間違ってもいいから」

などといいながら

 

 

 

 

 

 

 

先生が用意した

既存の答えと違う回答を生徒がしたら、

間違っていると指摘されてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

だから、子供たちはどんどん

発言することを恐れ、

より受動的であろうと努めるのです。

 

 

 

 

 

 

 

ましてや、日本の学校教育では

生徒の良し悪しを図るのは

テストの点数しかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

想像力豊かな発想を持っているが

座学はどうしても苦手な子が、

頭の悪い子・できない子と判断されてしまい、

 

 

 

 

 

 

 

将来優秀な人材になれたはずの

子供たちの翼が折られるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座学など今の時代、インターネットで検索すれば、

人の脳みそ以上の情報量を与えてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

正直、学歴なんて一切必要ないと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、何が必要かっていうと!

 

 

 

 

 

 

「ソウゾウ力(想像・創造)=思考する力、

コミュニケーション力」だと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

これからの時代IoTやAIなどの技術が発展し、

ロボットが仕事をこなすような時代が

来る(現に少しずつ来ている)はずです。

 

 

 

 

 

 

 

そうなってきたとき、

今の時代以上に目を向けられるのが、

人としての能力であると僕は思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

受動的な仕事などロボットのほうが

出来るに決まっています。

 

 

 

 

 

 

しかし、

人間にできてロボットにできないことがあると僕は思います。

 

 

 

 

 

 

 

皆さん思い浮かびますか?

 

 

 

 

 

 

 

それは先ほども言いましたが

 

 

 

 

 

 

「ソウゾウ(想像・創造)すること

(思考することと同義だと思っています)、

 コミュニケーションをすること」

だと僕は強く思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今の日本教育はそういった

人間特有の力を伸ばす機会を

どんどん奪っているように思えてなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

それに気づかないまま、

積極的に受動的な不完全なる

ロボット人間になっていってしまうのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

学歴などのステータスのみで就職し、

そういった人たちが社会に蔓延してしまっているのです。

 

 

 

 

 

 

このままでは日本が本気で危ないと

真剣に考えるようになった時に、出会ったのがここ「Aitem」なんです。

 

 

 

 

 

 

 

そして、Aitemに携わりたいと思ったきっかけが、

この「代表講座」です。

 

 

 

 

 

 

 

では、「代表講座とは?」

 

 

 

 

という、部分から後半で書いていきたいと

思います!

 

続きはこちら

思考するって最高!(後半)

 

 

 

 

 

 

 

後半は近々アップするので

是非宜しくお願いします!