《ぼくがAitemで英語を伝える理由》

こんにちは、

英会話教室Aitemスタッフの大塚です。

 

 

 

 

ぼくは今

英会話を通して

 

 

 

「コミュニケーション教育事業」

 

 

 

の展開に携わっている。

 

 

 

 

 

 

英語と出会って、

ぼくは変わった。

まるっきり変わってしまった。

 

 

 

 

 

 

生まれた頃から  女性にモテたくて、

でもほんっっっとにモテなくて

 

 

 

 

22歳になってやっと童貞を卒業。

 

 

 

 

それまでのプロセスと

ちょっとした自己紹介を

皆さんに聞いてもらいたい。  

 

 

 

 

【プロフィール】

 *名前  

「大塚悠記」

悠記(ゆうき)、と呼んでくれる人は好きです。

 

 

 

*年齢※2018/9現在

「23歳」

 

 

 

*夢

 

 

・「有名になる」

・「しゃべくり007出演」

・「国立競技場を貸しきり、

  家族・仕事仲間・友人・お世話になった

 方々全員の無料招待イベント開催」  

 

 

 

 

* 特徴

「東京在住(埼玉所沢市生まれ)の

 City Boy(自称)」

 

 

 

 

 

22歳2ヶ月目まで  「童貞」

 

 

 

 

「付き合ったことのある彼女は1人」  であった。

 

 

 

 

 

『ぼくの人生の根源は

 「モテること」』

 

 

 

もうほんとにこれに尽きる。

 

 

 

 

現在は、

 

「英会話スクールAitemに勤務」

 

 

 

 

大学4年次8月から、

最初はインターン生として

働かせてもらっていた。

 

 

 

理念である

「コミュニケーション力=想いやり」

が体のすみっずみまで染み渡っている  

 

 

 

*  趣味

「ドラマ鑑賞」

 

 

 

人生NO.1は、

花より男子  

 

 

 

当時は花沢類のような

クールで  

モテるキャラを作っていたが、

 

 

 

 

女友達の「キモい」の一言で、

ぼくは花沢類になれないことに

気づく。

 

【ぼくの昔話】

 

 

 

 

 

生まれた頃から

「むっつりスケベ」

女の子のお尻を

追いかける事が生きがいだった。

 

 

 

 

 

両親が離婚し、

上京。  

 

 

 

小学校に入って間もなく、

「ムッツリ+女々しい」

 

 

 

好きな女の子に

女の子みたい。

と言われ、大ショック。

 

そう、、、

全くモテない男、だったのだ。泣  

 

 

 

 

 

そんな自分を変えようと

「サッカーを始める。」

 

 

 

 

 

初めて仲良くなれた友達が

サッカーをしていたという理由から

最初は趣味程度。

 

 

 

 

 

しかし

ワールドカップに影響され

プロになればモテる!!  

と思いプロを目指す。

 

 

 

 

 

人並みの努力を続け

中学サッカー部では

キャプテンを任される。

 

 

 

しかし  実力不足。

体が小さい(ちなみに167㎝)

 

 

 

 

 

声が高いことから

部員からなめられ、

いじめられた。

 

 

 

 

シュート練習の的  にもなった。酷

 

 

 

 

引退する時

一応キャプテンという理由から

部活をやめられる嬉しさを隠し

嘘泣き。  

 

 

 

 

 

そんな自分が嫌だった。

 

 

 

 

 

プライドもズタズタで

情けなく辛かった。

モテる男の正反対にいるような

男だった。

 

 

 

サッカー部引退後、

カラオケによく行っていた。

 

 

 

 

周りの友達に

 

 

「歌うまいよね〜」

 

 

と言われ、何を思ったのか

その場でボーカルスクールに

電話し入会。

 

 

 

 

「歌手」を目指した。

 ゆずに憧れた。

 

とにかく有名になって

見返したくてモテたかった。

 

しかし

現実は甘くない。

 

 

 

 

歌が上手いと言っても所詮素人レベル。

足元すら及ばない。

自分のルックスなんて論外。

 

 

 

 

 

2年間踏ん張ったが、

挫折。

大泣きした。

 

 

 

 

サッカーからのリベンジを

果たそうとしたがまた失敗。

絶望。

 

 

 

 

 

大学進路先を決めるときだった。

勉強だけは死にもの狂いで頑張っていた。

(なんとかモテ要素を維持する為に)。

 

 

 

 

進学校だった事もあり

MARCHへの推薦をもらった。

 

 

 

 

しかし  将来の夢もなく

絶望していた。

 

 

 

 

 

そんな時  4年間勤務していた

マクドナルドの店長から

 

 

 

 

「とりあえず英語やれば?

有名になるんでしょ?

しかもモテるよ? 」

 

 

 

誰もが英語を学ぶ時のきっかけなんて

こんなもの。

 

 

 

 

「将来絶対必要に〜」

とか

「英語が話せると〜」

なんていうきちんとした理由なんて

一つもなかった。

 

 

 

 

そこから勉強していくうちに

英語が好きになり、

「アメリカ留学を目指す」。

 

 

 

 

理由は二つ。

①英語を話せるようになる為(モテるから)

②女性慣れする為(アメリカではノリが軽いと思ったから)  

 

 

 

 

 

とにかくひたすら英語を勉強し、

アメリカ留学決定。

 

 

お酒

パーティー

サーフィン

ドライブ

 

 

 

とにかくアメリカを満喫。

カリフォルニアでの生活は

色んな意味でアツかった。

 

 

 

 

To be natural,To be honest

(自然体に、なんでも本音で)

とイケメン友人に教わり続けた僕。

 

 

 

 

 

*  大学4年時

 

 

 

あれ、でもなにかがおかしい

ある程度自信はついたけど、

思うようにモテない

 

 

 

まだ英語を話すことに抵抗がある

むしろたまーに英語で

会話とかしちゃうから

イタいやつだと思われてたかも・・

 

 

 

何か実績を残したかった。

 

 

 

「ぼくはもちろん成長しているよね?」

と確信したくて

 

そんな中、たまたま先輩の伝手で

出会ったのがAitem。

 

 

 

 

 

インターン生としても

働かせてもらっていた。

 

 

 

そこはただの英会話スクールじゃなくて

 

 

 

「コミュニケーションを学ぶ」

 

 

 

場所だった。

 

教わることどれもが

抽象的なことばかりで

最初は全くしっくりこなかった。

 

 

 

でも、とりあえず

・人を想いやる

・相手の立場に立って、ものを考える

・全てのことに敬意を払い、感謝をする

 

は特に言われてきたので

この3つだけはやってみた。

 

結果

 

「大塚さんがいるから

 Aitemに入ろうと決めました!」

 

 

 

と仰ってくれる生徒さん。

 

22歳2ヶ月目にして童貞卒業。泣

 

彼女もできた。

 

 

 

 

 

大学卒業後は、  

「Aitemに就職」

そして変わった。

本当に変わった。

 

 

 

過去の自分

 

 

・女性ではなく男性にすら

 モテない (人が付いてこない)

 

 

・自分がのし上がることしか考えない

 (自分が成功する為には、人を踏み台にする)

 

 

 

現在の自分

 

 

☆いつでも自然体でいれる自分

 (人によって自分を変えない)

 

 

☆本音で語れる自分  

 「大塚さん、絶対モテますよね?」

 と最近凄い言われる(今まで全くなかったのに泣)

 

 

 

「コミュニケーション力=人への想いやり」

教わる場所がAitem。

 

 

 

 

「コミュニケーション力=人への想いやり」

伝える場所がAitem。

 

 

 

今留学で迷っている人や

英語が話せなくて困っている方がいたら

これだけは伝えたい。

 

英語はコミュニケーションの

手段にしかすぎない。

 

まずは根本の

「コミュニケーション=想いやり」

を鍛えていかなければ、一生成長しない。

 

英語を話せれば、

有名になれる、

成功する、

良い企業に就職できる、

 

 

 

と、思っている方たちがいるならば、

もう一度考え直して欲しい。

 

 

 

 

 

ぼくが

「コミュニケーションに大切なこと」

を伝えてゆきます。






もし今留学に興味がある方がいれば

是非僕に連絡をください。

 

 

留学、をクリックして頂き

メッセージをお願いします。

 

 

 

僕個人のライン@もあるので

こちらからも是非連絡ください!

 

 

 

LINE ID: td6196
email:musi.0708cyd@gmail.com

 

 

留学 

 

トビタテ留学