「何もないから何でもやってみる」

やりたい事が見つからない人は、
やりたい事が分からない時は、
どうしたらいいですか?

 

 

と質問される事が増えたのですが、

 

 

私は35年くらい
やりたい事とか特技とか趣味とか
そんな類のものは一つもなかったし、

 

 

そういう事が明確で専門職についてる友人に
コンプレックスを感じていたこともありました。

 

 

ただ、だからこそ、

 

『目の前のことに真摯に向き合うこと』

『与えられたチャンスには必ず結果で答えること』

 

 

『分からない事、出来ない事を知っている人、
出来る人を尊敬すること』

 

 

というのを無意識に続けていた2030代前半だった気がします

 

 

目標や夢がある事は素晴らしい事だけれど
ないならないなりの素晴らしさもあると思います。

 

 

何もないから何もしない、ではなく
何もないから何でもやってみる。

 

そうする中で、必要とされるものが
適職というものだと思います。

 

 

『全ては需要と供給

 

 

どんな仕事も業務も求められたことに真摯に取り組む姿勢だけが
大きな何かを成し遂げる道に繋がっているはず。

 

 

『謙虚に努力』

 

 

とある人の座右の銘をお借りして締めくくります。