マイノリティー大歓迎!しまんちゅブログ

こんにちは!

Aitemスタッフの矢野です!

 

 

 

 

今日は超久しぶりのブログ投稿ということで

かなりテンションがあがってます!笑

 

 

 

 

 

最近はAitemの生徒さんも

ブログを書いてみたい!

 

 

 

と、言ってくれる方が多いので

本当に感謝しています

 

 

 

 

 

 

 

Aitemはマイノリティー大歓迎ということで

今日は僕の出身地について色々書いていきたいと

思います。

 

 

 

 

 

僕は少し変わったところで幼少期を

過ごしました。

 

 

 

 

幼少期と言っても0歳〜18歳

なので人生のほとんどです。

 

 

 

 

 

ご存知の方もいらっしゃる

かもしれませんが

 

 

 

 

 

ぼくは瀬戸内海に浮かぶ

愛媛県の大島というところで

生まれました。

 

 

 

 

 

しまなみ海道や、今治タオルで有名な場所です。

今だとサイクリングの聖地となっているそうです。

 

 

余談ですが島ではウニをこんな感じで食べます。笑

これが普通だったのですがこれを言うと

 

「は?????」

 

と、本気でびっくりされたことから僕の

東京生活はスタートしました。

うに

 

 

島というとかなり興味を持ってくれる人が

多いのでこの場をかりて宣伝したいと思います。

 

 

 

僕は

大学のために上京したのですが

入学当初でも

 

島!!!

とかなりイジられたのを

今でも覚えています。

(ちなみに今でもいじられます笑)

 

 

 

 

 

なんならAitemの

生徒さんからもいじられてます・・・

 

 

 

 

 

 

この場を借りて言いますが

 

せめて笑って下さい。笑

 

 

 

「島なんだ・・・かわいそう」

みたいな子犬を見るような目では

見ないで下さい。

 

僕は強く生きてます。笑

 

 

 

 

 

 

 

今回は自分の地元を知ってもらいたい!

ということもありますが

 

 

 

 

 

 

東京に来て

島の常識は東京の普通ではない!

と感じたこと、東京に来てからの気づき、

を色々書いていけたらなと思います。

 

 

 

 

 

大きく分けて

3つほどご紹介します!

 

 

①方言が通じない!?

 

 

 

 

 yuta1

 

 

 

まず一つ目は方言が通じないということです・・・

(これには本当に驚きました)

 

 

 

 

今でこそ東京に留学にきて4年が経つわけですが

大学入学当初なんて田舎者丸出しの言葉を

使っていました。

 

 

 

 

 

 

愛媛といってもベースは関西弁、その上に

四国の方言&島の言葉が混じっているので

おそらく東京の人にとっては

英語より難しかったんだと思います。

 

 

 

 

 

言葉が通じないと本当に不安になります。

留学に言った方がよくホームシックになった、

と言いますが、こんな感じだろうなと思いました。

 

 

 

 

 

 

言葉が通じないからと言っても東京に魂は売らない!

と思っていたのにも関わらず通じないなら仕方ない

とのことで標準語留学をスタートしたのは今でも鮮明に

覚えています。

 

 

②鍵をかけないとどこにも行けない・・・

 

 

 

yuta2 

 

 

 

 

 

おそらくこのブログを見てくれている

大半の方が驚かれると思うのですが

基本的に島では鍵なんてかけません。

 

 

 

 

 

車の鍵もさしっぱなし、ETCカードも

つけっぱなし。

 

 

 

 

僕もよく勝手に人の家に入ってはテレビを見てたり

してました。

 

 

 

 

勝手にリビングまで人が入ってくるなんて

日常茶飯事です。

 

 

 

 

 

 

東京に来て「鍵をかける」

という習慣がつくまで

かなりかかりました。

 

 

 

 

 

家を出る時に鍵をかける、

という習慣が無いので

玄関に

 

 

 

「鍵!!!」

 

 

 

 

という張り紙を2ヶ月ぐらい貼ってました。笑

 

 

 

 

③色んな価値観の人がいる

 

 

 

これは僕が東京にきて一番実感したことですが

本当に色んな人がいます。

 

 

 

 

良くも悪くも島ではこんな平凡な生活と引き換えに

なかなか外部の環境との接触がありません。

 

 

 

 

橋がかかるまでは島からでるために

フェリーしかないという

状況でした。

(それが普通だったのが恐ろしいですが・・)

 

 

 

 

 

それと比べて東京はというと

日本中の人たちが集まっているので

言葉も違えば思っていることも違う、

 

 

 

 

 

この価値観の違い、

というのはとても面白いなと思いました。

 

 

 

 

 

今まで自分がこうしないといけない!

と思っていたことも別にしなくてもいい、

 

 

 

 

 

とにかく周りの流れに乗って生きてきた

18年間でしたが

周りに合わせず、自分がどうしたいかで

みんな生きている。

 

 

 

 

この驚きは正直4年経った今でも

忘れたことはありません。

 

 

 

 

海外への興味が強くなったのも

東京にきてからだと思います。

 

 

 

 

 

「日本においてもこれだけ価値観が

違うんだったら海外だとどうなるんだろう」

 

 

 

と、思うようになりました。

 

 

 

 

 

Aitemもそうですが自分の軸であったり、

自分が本当は何がしたいか、ということを

見つけ、行動できるって素晴らしいなと思います。

 

 

 

 

 

以上

東京にでてきてからの気づきでした!

 

 

 

 

また色んな記事を書いていこうと思うので

楽しみにしていて下さい!