ラブレター。

2017年の目標のひとつ。

このblogの更新!!

 

今年は綴ります。

 

皆様、明けましておめでとうございます。

 

 

昨年、出逢えた皆様お一人お一人と

初回面談が出来た事は、わたしにとって、

とても貴重な経験でした。

 

今後も続けてゆきたい事のひとつです。

 

 

また、昨年初めての卒業生を

送り出させて頂きました。

 

入学当初、英語が大嫌いだと言っていた

生徒さんだったのですが、

 

英語が大好きになり、

英語に少しでも触れられる仕事を見つけたい、

また必ず通いたいとも仰って下さいました。涙

 

この言葉に大きなチカラを頂き、

何より、Aitemの想いが生徒さん達に

きちんと届いている事に感動致しました。

 

 

テキストがないという特性上、

講師の先生方と一番大切に共有しているのは

“想い”です。

 

必ず英語を話せるようにする、

ということは無論のこと、

 

思考すること、

自分の考えを自分の言葉で伝えること、

相手を理解すること、

 

英語を通して、

それが出来るようなプログラムを

これからも提供し続けます。

 

 

そして、

英語が嫌いだと言う人に知って欲しい。

 

“言語に好きも嫌いもない”という事を。

 

日本に生まれ、日本で育ち、

日本語嫌いだなあと言う人はいないように

 

そもそも言語とは、

コミュニケーションを取るための手段です。

 

好き嫌いではなく、

伝えたい想いがあるから、

理解したい人がいるから、

無意識に身についたものが言語です。

 

言語が

想いを、愛を、伝える手段だとすると、

想いを、愛を、伝えてもらえる手段だとすると、

どんなスキルより尊さを感じずにはいられません。

 

 

誰にも渡さないラブレターを、

ぜひ英語で書いてみてください。

三行ラブレターでいいです。

続けてみて下さい。

 

日記を書くより続くと思います。

 

『一日一度は英語で感情をアウトプットする』

これだけでスピーキングスキルは格段に伸びます。

 

英語でラブレター、おすすめです。

 

 

 

Aitem代表 佐藤ゆきこ