「値切り=コミュニケーション

こんにちは!

最近、

生徒になったばかりの神野です!

 

 

 

 

 

今回はアジア旅行に行った時に

思ったことをちょこっとつづります!

 

 

 

 

 

アジアにいったことのある方は

1度はやると思われる“値切り”!

 

 

 

 

お店の人と話しながら、

値切ることがすごく楽しいですよね!

 

 

 

 

 

私が、初めてアジアに旅行に行ったのは

5年前のカンボジアでした!

 

 

 

 

 

孤児院にいる子どもたちに

体育を教えよう!

 

 

 

 

というような旅行会社の

ツアーでいきました。

 

 

 

 

 

自由時間には観光をして、

トゥクトゥクに乗り大きな

マーケットに到着!

 

 

 

 

お店が連なっているので

声をかけまくられます!

 

 

 

 

 

 

カンボジアが初めての

アジア旅行だったので

値切るのが楽しい!おもしろい!

 

 

 

 

と感じ 必死に値切って

Tシャツや小物を買っていました。

 

 

 

 

 

その後にも、

ベトナム、インド、マレーシア、タイ、にも

行ったりしましたが やっぱり、

 

 

 

 

マーケットにいくと discount please!

と言いたくなります。

 

 

 

 

 

同じアジアといえど、

日本より1/3、1/5の物価の国で、

 

 

 

 

 

特に世界遺産が近くにあるような地域では

観光業がメインで生活している人が

ほとんどだと思います。

 

 

 

 

 

私は、ふと値切っている自分が

とても惨めだなと思ったのです。

 

 

 

 

私たち観光客に買ってもらうことで

生計を立ている人たちがたくさんいるでしょう。

 

 

 

 

 

たとえ観光客価格であっても

値切っているものは日本円だと

数百円〜二千円以下。

 

 

 

 

 

何をしているんだろう、、、

kamino2

 

 

 

 

自分は 値切ることを通して、

現地の人とコミュニケーションを

とりたかったんだと

やっとわかりました。

 

 

 

 

 

アジアは ご飯が美味しい!

過ごしやすい!

 

 

 

 

何より、人が暖かいです!

 

 

 

 

都内にいると、みんな忙しそうだし

何か困った時や道がわからない時など

 

 

 

 

人に聞くよりは自分で

スマホで調べちゃお!となりますよね。

 

 

 

 

 

私は、海外に行ったらたくさん

現地の人とコミュニケーションを取ることを

意識してます!

 

 

 

 

 

恥ずかしさや遠慮なんていりません!

 

 

 

 

 

優しく教えてくれるはずです!!

 

 

 

ガイドブックを見ないで、

持たないで現地の人に道を聞きながら

世界遺産に行く!

 

 

 

 

 

そんな旅行もいいですよね。

 

 

 

 

私は、今マレーシア、

ラオスにすごく行きたいです。笑

 

 

 

 

 

最後まで、

読んでいただきありがとうございます!!!