英語を話せる『英語脳』を取得する3つの条件とは??

ootsuka-image

こんにちは、Aitemスタッフの大塚です。

 

 

 

いや〜、寒いですね。

いや、ほんとに。

 

 

 

ただ寒いならいいんですけど、
僕冷え症なので、体冷えると唇が紫になるんです。
藤木(ちびまるこちゃんに出てくる弱そうな男の子です)くん〜、

 

 

 

って馬鹿にされるんですよ泣

 

まあ、余談はこれくらいにして、、、

 

 

 

みなさん、英語脳って知ってますか??

 

そうです、その英語脳です!!!!

 

一度身につけると、効率的に英語を脳に吸収して話せるようになるやつです!!

 

 

といってもこのブログを見てくれているほとんどの方は
英語脳を知らないと思います。

 

 

では、英語脳を知らないあなたの為に、少し説明しますね。

 

あれは、僕がアメリカに留学していて、日本人学生とカフェにいた時のことでした。

僕が彼に、「今日も疲れたね〜」と言ったら、

 

 

彼は僕に、「Yeah, all right(ね、めちゃわかる〜)」と英語で返してきました。

 

その後すぐに、「あ、なんか英語でた(笑)。」と言っていたんですが、

 

それもそのはずです。

 

その前に100分の授業で、
英語を使って現地学生とディスカッションしていたので、

 

 

 

脳が英語に切り替わっていた
(ネイティヴの方の脳と極めて近い状態になっていた)のです。

 

 

 

この状態、つまり無意識に
英語を話してしまう状態になることができたら、

 

 

そこから英語力が
グーーーーーーーーーーーッンと伸びます。

 

ootsuka-2

 

そもそも何かおかしいですよね?

 

僕らは一応6年間(中学1年〜高校3年)まで
英語を勉強してきたのに、

 

なぜ英語脳がないの?

 

そもそもなんでこんなに英語が話せないの??

 

それは、

「英語脳を作る3つの最低条件」を疎かにしていたからです。

 

その3つの条件とはめちゃめちゃシンプルです!

 

①英語を話しまくる

 

②英語を論理的に組み立てる(脳を英語でかき混ぜる)

 

③①②を長時間(最低2時間)でこなす。

 

つまり、

 

「ディスカッションをしながら、

 英語を長時間べらぼうに喋くりましょう!!!!」

 

ということです。

 

しかし今までの日本教育では、

これが出来る環境が中々ありませんでした。

 

ootsuka-3

 

では、現代(20代〜40代) のあなたはこれからどうすればいいのか。

 

やることはただ2つ、

 

①英語ディスカッションを長時間出来る環境を見つけること

 

②その環境に一歩踏み出す勇気をも持つこと

 

これだけで、あなたは英語脳を手に入れることができます。

 

いや!!!

 

むしろやることは1つ、②だけでいいです!

 

これを読んでくださったあなたには、①の環境を今回は特別に私が教えてあげられます!

 

留学に行っていた私も実際にここでお世話になりながら、

 

日本で英語脳を鍛えているのですから。

 

その環境とは、、、

 

「英会話スクールAitem」です!!

 

なんと1回の授業が6時間!?!?!?!?!?!?

 

これはぶっちゃけ、留学していても経験できないことですよ(笑)

 

僕も実際アメリカに留学していたのですが

一回の授業が6時間なんて聞いたことがありません。

 

 

実際、友人と遊ぶ時間が6時間だとしても、

会話を密にすることなんて、30分にも満たないですもの(笑)

 

なんとしても今英語を話せるようになりたい画面の前のあなた!!

 

一歩踏み出す勇気だけを持ってくれればいいです!

 

そんな勇気を優しく受容してくれるのも、このAitemのコアでもあります。

 

ootsuka-1

 

ではでは、

 

長くなりましたがこの辺で失礼しますね。

 

今は違う環境にいても、同じ目標をシェアする仲間として

 

一緒に頑張っていきましょう!!