英会話教室Aitemが取り入れているアクティブラーニングとは?

94a13c2d27f512e949bda83f312c7deb_s

アクティブラーニングという言葉を聞いた事ありますか?

近年、教育業界で注目されているワードの1つとなっています。

Aitemのレッスンもまさにアクティブラーニング!!

 

今回はそんな教育界で注目の『アクティブラーニング』について。

 

・そもそもアクティブラーニングって?

・なぜ注目されているの?

・それをするとどんないい事があるの?

 

この3点を中心にご説明したいと思います。

 

 

そもそもアクティブラーニングって?

 

65fe95b4df3acd153efff7d5dd27dff1_s

 

教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称。(文部科学省より引用)

 

皆さんも経験あるのではないでしょうか?

英語でSVOCなどの文型を覚えたり。

『いい国(1192年)作ろう鎌倉幕府』など語呂合せで歴史の年号を暗記したり。

※現在の教科書は1192年ではなく1185年らしいです(笑)

 

アクティブラーニングはこのような現在の日本の教育現場に代表される、一方的な授業による知識の詰め込みではなく、体験学習、調査学習、グループディスカッション、ディベート、グループワークなどを通した体験型の学習スタイルのことを言います。

 

 

なぜ注目されているの?

 

ea247c03808b71c841a22ad89a0f29b5_s

 

1番の大きな理由は国の政策です。

 

2014年に文部科学省が中央教育審議会にて初等中等教育でアクティブラーニングを強く推進する方向性を打ち出しました。

 

それに伴い、英語、プログラミングの必修化やセンター試験の廃止が検討されるなど教育業界では大きな変革が行われようとしています。

 

また、情報化社会ではまさにアクティブラーニングによって習得できる能力が重要になると、多くの方が気付き始めたのだと思います。

 

 

それをするとどんないい事があるの?

 

384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_s

 

少子高齢化により日本の市場はどんどん縮小しています。

それに伴い、ビザ緩和などで外国人労働者の積極的な受け入れを始めました。

 

外国人労働者も1994年から2012年を除き、増加しています。

 

%e5%a4%96%e5%9b%bd%e4%ba%ba%e5%8a%b4%e5%83%8d%e8%80%85%e6%8e%a8%e7%a7%bb-001

インバウンドの増加も相まって、今外に出れば外国人を目にすることは増えたのではないでしょうか?

 

今後、私たちは日本だけで仕事をすることや日本人だけの環境がより少なくなります。

 

欧米では幼稚園や小学校からディスカッション、ディベート、グループワークなどを通して、アクティブにラーニングしてきています。

 

『日本人は曖昧で遠回しな表現を好み、外国人はストレートにはっきり表現する』

なんてことはよく言われますが、受けてきた教育環境の差です。

 

そんな外国人と今後、同じ市場で共に生きていくためには、日本人も語学力はもちろん、アクティブにラーニングし、考える力や伝える力も養う必要があるのです!!

 

 

おわりに

 

アクティブラーニングの重要性についてわかっていただけましたか?

 

英会話教室Aitemでは、常に生徒様に考えさせるようなレッスンを行っています。

語学力だけでなく、『考える力』や『伝える力』も身につけたい方は、是非一度Aitemの無料見学、ガイダンスへお越しください。

 

お申し込みはこちらから

http://aitem-english.jp/offer/